後援会発足を弘前市長に報告

10月10日、下山会長ら後援会メンバーが、外崎選手の地元・弘前市の葛西憲之市長のもとを訪れました。

葛西市長も外崎選手の活躍をチェックしており、市としてのバックアップをしたいと発言。

今年県内で29年ぶりのプロ一軍戦が開催された「はるか夢球場」での凱旋出場を期待していました。

最後に、外崎日出城理事(外崎選手の父)からサイン入りユニフォームをプレゼント!

  • 外崎修汰後援会「弘前44(獅子)の会」
  • Facebook Social Icon